独自ドメインって何だろう?

前回は「おすすめのレンタルサーバー」について紹介しましたが、今回はドメインの仕組みや種類、その取得方法について解説していきたいと思います。

そもそもドメインとは何か

まずドメインとは、インターネット上の住所です。前回の記事でも説明した通り、サーバーが土地、ホームページやブログなどのウェブサイトは家、そしてドメインが住所となります。

ドメインはWebサイトだけではなく、メールアドレスにも使われています。

Webサイトであれば、「https://chicken-lover.net/」の「chicken-lover.net」の部分、メールアドレスであれば、@の後ろの部分です。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、自分の好きな文字列のドメインのことです。「お名前ドットコム」や「ムームードメイン」などのドメイン取得サービスを利用するか、前回の記事でも紹介したレンタルサーバーのサービスを利用して、自分のサイトのイメージに合うドメインや社名・店名のドメインなど取得できます。

ちなみに取得したドメインは自分が所有者となるため、更新し続ける限りずっと使うことができます。

ドメインの種類

ドメインには、当サイトで使用している「.net」、日本の会社で使われている「.co.jp」、世界的によく使われている「.com」、その他「.jp」「.shop」「.org」「.tokyo」などなど、たくさんの種類があります。

独自ドメインを取得するメリット

ポイント①:信頼度

会社のホームページやブログのURLが、その会社とは違うドメインを使用していた場合、怪しんでしまう方も多いのではないでしょうか。独自ドメインを取得すれば、社名やサービス名などを使用できるので、顧客やユーザーに安心感を与えることができます。

また取得したドメインはメールアドレスに使えるので、その点も信頼に繋がる大事なポイントと言えるでしょう。

ポイント②:ずっと使える

「独自ドメインとは」にも書いてある通り、更新し続ける限りずっと使うことができます。

例えば、「今までA社のレンタルサーバーを使っていたけど、B社に変えたい!」となった場合でも、独自ドメインの場合は移行して使用することができるので、URL・ドメインが変わってしまうという心配はありません。

ポイント③:SEO対策

独自ドメインは、社名・ブランド・サービスなどに合った文字列を取得することができ、サイトの運用は基本的に自由に管理することができます。

SEO対策をしっかり行い、いいWebサイトを運営できれば検索結果上位を狙うことも可能です。

独自ドメインを取得するには

「お名前ドットコム」や「ムームードメイン」などのドメイン取得サービスを利用するか、前回の記事でも紹介したレンタルサーバーのサービスを利用して、自分のサイトのイメージに合うドメインや社名・店名のドメインなど取得できます。

取得方法もドメイン名を決めて必要事項を入力するという作業なので、初めてでも簡単に取得できます。

・ドメイン取得サービス【お名前.com】

・ドメイン取得サービス【ムームードメイン】

ドメイン取得可能なレンタルサーバー【ConoHa WING】

≪新登場≫国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】


・ドメイン取得可能なレンタルサーバー【さくらのレンタルサーバ】

さくらのレンタルサーバ

あとがき

これからWebサイトの運営を考えている方、会社のホームページを作ろうと思っている方は、将来のことを考えれば更新料がかかったとしても、取得して損はないはずなのでぜひ検討してみてください。